当日順番予約はこちら

診療日カレンダー

9月
27282930310102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930

:休診 :午前休 :午後休

アクセスマップ

大きい地図はこちら

補聴器外来

アレルギー性鼻炎

HOME 》治療について 》アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎(花粉症)

突然、透明な鼻汁が出て、くしゃみを繰り返します。次第に鼻詰まりが出てくるケースもあります。
症状が1年中ある場合と季節性の場合があります。

 原 因

一番知られているのはスギ花粉が原因で起こるアレルギー性鼻炎(いわゆる花粉症)です。
また、以下の原因で起こる場合もあります。

年中症状のある方 ハウスダスト ダニ カビ 動物(ネコ イヌなど)
春に症状のある方 スギ ヒノキ シラカバ
初夏に症状のある方 カモガヤ ハルガヤ
秋に症状のある方 ブタクサ ヨモギ

 治 療

まずは、血液検査にて原因となるアレルギーの物質(アレルゲン)を調べます。
1年中症状が出やすいアレルゲンが陽性の方は、アレルギー薬の内服、ステロイドの点鼻を行います。1〜2週後に明らかに効果がある場合は、その治療もしばらく続けます。
落ち着いたところで休薬して、再度症状がひどいときは治療再開する形となります。できればずっと内服 点鼻するのではなく上記のようなメリハリのある治療を目指します。
最初の治療で効果が低いときは、内服薬の変更をしながらその方にあった薬を探します。
最近は副作用の少なく効果が高い内服薬、点鼻薬がありますのでその方の ライフスタイルにあった治療をいたします。

季節性の方は基本その原因となるアレルゲンが存在している時期は内服・点鼻を継続してもらいます(スギ花粉のアレルギーの方は2月から4月くらいまで)。

だたし1年中のアレルゲンや季節性のアレルゲンが沢山陽性のかたや季節性のアレルゲンで症状がひどく出る方で、内服、点鼻で症状が落ち着かない方は短期間のステロイド内服や、鼻をレーザーで焼く(鼻粘膜焼灼術)治療を行うケースもあります。

 ドクターより

アレルギー性鼻炎の治療は原因をしっかり調べて敵を知ることから始まります。
調べてみると意外なものに原因があるケースも少なくないので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ

血管運動性鼻炎

温度差やホルモンのバランス、ストレスなどが原因で、鼻水、くしゃみ、鼻づまりといったアレルギー性鼻炎と同様な症状を起こします。
治療はアレルギー性鼻炎に準じて行います。

ページトップへ